広島ダルク 事業内容

事業目的

薬物依存症者に共同生活の場を提供し、薬物を使わない生き方のプログラムを実践することによって、薬物依存からの回復を支援する。 回復していくための場、時間、回復者モデルを提供し、ナルコティクス アノニマス(NA)の12ステップに基づいたプログラムによって新しい生き方の方向付けをし、各地の自助グループにつなげていく。

事務所開所時間・・・・・平日9:30~17:00  土曜日9:30~12:00
休日:日曜日・祭日
・祝日


1.相談事業

 <概要>
本人と家族からの相談を受け、問題を整理する。

◇本人に対してはデイケアスタッフとの個別相談を致します、回復の動機付けをして、医療・ダルクでのリハビリ・自助グループにつなげる窓口になる。

◇依存症者の家族(親、兄弟、配偶者、その他密接な関係にある人)とスタッフとの個別相談を受けております。依存症者との関わり方をお応えするほか、家族の自助グループのご紹介や、必要に応じて家族プログラムにもご参加頂いております。

<内容>
○電話相談 ○個別相談(本人、家族)
○関係機関との連携(福祉事務所、病院、協力弁護士等)

2.連携・協力事業

ダルク利用にあたって解毒入院が必要な場合は入院先の手配とそのサポートを致します。病院、福祉事務所との連絡を取り合い、治療方針を検討致します。その他、保健所、精神保健センター、保護観察所、保護司等との連携を強化し、依存症治療のネットワークを作ることで、各々の治療の流れが把握できるように致します。治療に一貫性を持たせることにより、適切なサポート体制を作る努力を致しております。

3.予防・啓蒙事業

・講演
学校、保健所、福祉事務所、地域団体等の要請に応じて、スタッフ(場合によってはプログラム中のメンバーを含む)が自らの体験を話し、本人たちの生の声を聞くことで薬物の怖さや依存症への理解を深めて頂くとともに、依存症の治療及び再発防止が最大の予防でもあることを訴えています。

・パブリックインフォメーション
ダルク主催による市民フォーラム矢連続市民講座等をを開催し、この問題に関心のある多くの人たちへの啓発活動も行っています。